夜中にドアノブをガチャガチャやる犯人は誰?考えられる可能性とその対策。

防犯

夜中に不審な音で起きてしまったら玄関の方から何か音がする。よくよく確認すると誰かが外からドアノブをガチャガチャと開けようしていた!なんて経験はありませんか?実はこれ、気のせいじゃなくて就寝中の住人を狙った犯罪者が鍵を閉め忘れている部屋を探し回っているんだとか。

普通に考えて夜中に訪問すること自体おかしいのにインターホンも押さずにいきなりドアノブを開けようとするなんてちょっと狂っていますよね。

話を聞いただけでも恐ろしいのに似たような経験をしている方は結構多いのです。

いつあなたの部屋に来てもおかしくないこの恐怖を避ける為には玄関の鍵をしっかり閉めることはもちろん、そのターゲットにならないように工夫や対策を講じておきましょう。

ドアをガチャガチャしている犯人は人間

電気配線の不具合も原因と考えられる夜中に鳴るインターホン現象とは違ってドアノブがガチャガチャと音がするのは明らかに人間の仕業です。

気温など温度差による「パキッ」と鳴るような音ではなければ誰かがドアノブに手を掛けて音を鳴らしていると思って間違いありません。

その為、このような事が起きたらうやむやにせずに原因追求や仮に原因が分からなくてもその対策を必ず講じましょう。

誰が何の目的で?考えられる可能性

ドアノブをガチャガチャやられた場合、その日を境に不安な毎日を送ることになります。

しかしそんな日々を過ごすのは精神衛生上よくありませんので一体誰がドアノブを触ったのか考えられる可能性を洗い出してみましょう。

隣人など部屋を間違えた人

アパートやマンションで多いのが両隣、または上下の部屋に住んで居る住人による単なる間違いの可能性。

特に夜間や夜中となればお酒を飲んで酔っ払った状態で帰宅している可能性も考えられます。

隣の住人はもちろん、上下の住人が自分の部屋の階数を間違ってドアノブをガチャガチャとやってしまうケースがあるのです。

しかし翌日以降にその人があなたの部屋と間違ってドアノブをガチャガチャとやってしまいましたと言えるはずもないし面識がなければ尚更です。

ちょっとモヤモヤするかもしれませんがこのように同じ建物に住んでいる住人による勘違いが原因だといいですよね。

犯罪者の可能性

疑いたくないけど警戒すべきは犯罪者の可能性です。

玄関の鍵を閉め忘れている部屋を狙って就寝中など住人が完全に油断している時間帯に襲ってくる犯罪者。

この手の犯罪者は部屋に人が居ることを分かって侵入してくる為、凶器を持っている可能性は高いうえ精神状態は異常な状態なので非常に危険です。

卑劣な犯罪目的に玄関の鍵の閉め忘れている部屋を夜な夜な探し回っている者が居るのは有名な話ですので玄関の鍵の施錠は決して忘れてはならないのです。

また、SNSをやっている女性は知らず知らずの間に全く面識のない人間にストーキングされる被害が増えていますので注意が必要です。

アパートやマンションが狙われやすい理由

ここからはドアノブをガチャガチャする犯人は犯罪者だという仮説を立ててお話したいと思います。

犯罪者は玄関の鍵を閉め忘れた家を大胆にもドアノブに直接手を掛けることで確認して歩き回っています。

しかもその被害に遭う住宅の属性は戸建住宅よりもアパートやマンションに多いのです。

一人暮らしが多いから

その理由の一つにアパートやマンションに住む人は一人暮らしが多いからということが考えられます。

アパートやマンションといってもファミリー世帯もたくさんいるしなぜ一人暮らしということが分かるのか?

それは建物の外観から簡単に判断出来ます。

外から見ればその建物が単身用なのかファミリー用なのかベランダの大きさや窓の数などで簡単に判断出来ます。

そして狙われるのは一人暮らしの女性です。

これも洗濯物やカーテンの柄などで判断されますしポストの表札や郵便物などをあさられると名前でばれてしまいます。

戸建よりも効率がいいから

もちろん戸建住宅も玄関の鍵の閉め忘れによる犯罪被害はありますが圧倒的にアパートやマンションに被害が多い理由に犯罪者にとって効率がいいからだと考えられます。

アパートやマンションは共用廊下がありますのでその廊下を犯罪者が歩いていても特に不自然ではありません。

しかも共用廊下を歩きながらその階の部屋を立て続けにドアノブを確認しながら歩くことが出来ます。

同じ時間をかけても戸建住宅を5軒廻るところをアパートやマンションの部屋ならその倍の数を廻ることが出来ますよね。

セキュリティーが弱いと判断されている

戸建住宅に住む世帯はファミリー世帯が多く若い単身住まいの方に比べて収入が多いので防犯カメラやブザーの設置、またはホームセキュリティー契約などをしているなどセキュリティー能力が高そうなイメージがあります。

あくまでイメージの問題ですが、アパートやマンションの若い単身者はこのご時世といってもまだまだ事件を他人事に考えている方が多くセキュリティー対策を何も講じていない人が多いと判断されています。

犯罪者は就寝時間帯に侵入を試みる大胆な犯罪を犯そうとする心理とは裏腹にその犯罪を阻止されそうな家は狙わず、少しでも犯罪行為をしやすい部屋を狙うのです。

ドアノブガチャガチャの対策

一度でもドアノブをガチャガチャされたという経験をしたならばすぐに対策を講じる必要があります。

今回は鍵をロックしていたからよかったものの、もし鍵が開いていたら・・・なんて思うとゾッとします。

また、玄関を開けられそうになったということは犯罪者にターゲットにされたということなので一度あることは二度あると思って対策をしましょう。

対策の基本的な考えはまずターゲットにならないよう女性の一人暮らしや女性だけの在宅時間帯が多いということをばれないようにすることです。

その点も視野に含めて以下6つの対策を掲げますのでご参考にしてみてください。

ドアノブガチャ抑止効果抜群。防犯カメラの導入

まず一番効果的なのが防犯カメラの設置です。

仮に前回と同じ人間が来た場合、前に無かったはずの防犯カメラが設置されていたらどうでしょう。

住人であるあなたが明らかに警戒していることが間違い無く伝わりますし、うまくいけばその不審者の顔を映像に捉えることが可能となります。

最近では配線工事などが必要なく、女性でも簡単に設置出来る防犯カメラがたくさん販売されています。

防犯カメラをすぐに買うお金が無い方は防犯カメラと同じ精神的抑止効果を見込めるステッカーを玄関ドア付近に貼っておきましょう。

部屋の鍵をオートロック化する

鍵の閉め忘れ防止に予算が許すのであれば内鍵補助錠でオートロック機能が付いているものを取付けましょう。

オートロック機能付きの後付け補助錠は20,000円程度と少し値が張りますがオートロック付きのマンションに引っ越したりドアを替えたりするよりは遙かに安く導入することが出来ます。

玄関ドアをオートロック化さえしてしまえばそもそも鍵の閉め忘れ自体が無くなります

初期費用ゼロ・月額330円のスマートロック【bitlock LITE】

どんなに気を付けていてもミスしたり忘れてしまうのが人間です。

生活していく中でも鍵の閉め忘れなど絶対にやってはいけないミスに対しては費用対効果を吟味してお金をかけてもいいところだと思います。

防犯性を高める洗濯物の干し方

新たにターゲットにならないようまずは女性の一人暮らしということをあからさまにしないことです。

分かりやすいのはベランダに干してある洗濯物です。

干してある洋服などで性別や年齢層が分かってしまうので洗濯物の目隠しシートや雨よけカバーなどを使うなど工夫して丸見えにならないように干すようにしましょう。

出来れば乾燥機や除湿器を使って室内干しが望ましいのですがそうもいかない方は男性物の洋服や下着、靴下などを一緒に干しておくことです。

ここで肝心なのは男性物の洋服はTシャツだけとかパンツだけではなく、よりリアリティーを出す為にズボンや靴下など2~3セット揃えて使うことがポイントです。

表札やポストは苗字のみにして性別を推測されない工夫を

意外と死角となるのが表札です。

表札に苗字と名前のフルネームを表記してしまうと性別がばれてしまい、女性は防犯上危険ですね。

また表札には下の名前を表記していなくてもアパートやマンションに多い集合ポストにフルネームが表記されている場合もあるので確認が必要です。

性別を確認する方法として郵便物の宛名部分を見られることもある為、ポストの施錠も毎回忘れずに。

その他、玄関廻りやポスト付近に性別を推測されてしまうような物を置いていないか今一度チェックしてみましょう。

ゴミに紛れる個人情報を完全に消す

犯人が狙いを定めるとあなたが出したゴミさえあさることもあるので要注意です。

ダイレクトメールなどの郵便物はシュレッダーで切り刻むか名前部分を黒く塗りつぶしてから捨てましょう。

また、一目で女性物と分かるような洋服や下着、化粧用品などは中身が見えない色の付いたビニール袋に入れてからゴミ袋に捨てるなど一手間が必要です。

このような工夫はドアのガチャガチャ対策のみならず、ストーカー被害に遭わない対策としても効果があると言われています。

のぞき穴やドアポストを見直す

どん住人が住んでいるのかを確認する為に大胆にものぞき穴を破壊したりドアポストから部屋の様子をのぞき見する者もいます。

気付いたらのぞき穴が何者かに取られていて部屋の中が丸見えだったとか、のぞき穴のスコープを逆に付け替えられて外から部屋の中の様子を見られる状態になっていた・・なんて被害もありますので定期的に自分の部屋ののぞき穴が正常なのか点検する必要があります。

また、意外と盲点なのがドアポストからのぞかれる被害です。

郵便物や書類を投函する人を装ってドアポストの蓋を開けるのは周囲から見ても不自然ではないのでこの手口を使って部屋の住人がどんな人なのか確認する者もいるので必要に応じて目隠しの工夫をすることをおすすめします。

部屋に誰か入ってきた時、出来ることと出来ないこと

留守中ならまだしも仮に在宅中に部屋に誰かが入ってきた時、冷静に警察に電話をして状況の説明を出来る自信はありますか?

例えばホームセキュリティーのアルソックなら緊急通報ボタンを押せば最も近くにいる警備員があなたの元に駆け付けてくれます

しかも駆け付けと同時に状況によっては警備会社の判断で警察への通報も行ってくれます。

急な恐怖に襲われた時、電話は出来ないけど緊急ボタンを押すことなら何とか出来るのではないでしょうか。

アルソックなら最安で月額3,300円(別税)~単身者プランのセキュリティーサービスがあります。

初期導入費用を抑えるか抑えないかによっても月額料金が変わってきますので一度検討してみてはいかがでしょう。

アルソックの公式サイトで簡単資料請求

スマホ画面だと見ずらいという方は資料請求して紙面でじっくり見ることをおすすめします。

ちなみに私も資料を取り寄せましたがすぐに届きました。大手なので特に営業電話もかかってくることもありません。

アルソックから届いた資料

また、セコムとアルソックについては下記記事で単身者用プランについてサービス内容や月額料金・初期費用なんかをまとめていますので宜しければ参考にしてみてください。

以上7つの対策案を書いてみましたが犯罪抑止の視点からしても防犯カメラの設置が対策としては一番効果があります

もしドアノブをガチャガチャとされたらまずは警察に通報してその事実を報告すること。

希望通りに動いてくれるか分かりませんがしばらくは近辺をパトロールしてほしいと希望を伝えてみましょう。

女性の単身住まいや小さい子を持つシングルマザー世帯は狙われやすい傾向にありますので戸締まりなど特に気を付けてお過ごしください。

タイトルとURLをコピーしました